MENU

昔はイケメンアメリカ人とも付き合っていたのに…来たのはダサい理系男子

こんにちは!

ミネルヴァです。

思っていたよりもアラフォー婚活は厳しいです。
とにかくメッセージ交換の必要がありますし、デートの約束をとりつけてもイマイチ感触が良くないこともあります。

だからと言ってめげている時間はないです。
早くしないとあっという間に38歳…そして40歳になってしまいます。

アラフォー婚活は時間との戦いです!

目次

どの条件を緩和しよう?

あれから男性と何人か結婚相談所を通じてお会いしました。

こちらが「いいな」と思う相手からは2回目のお誘いはないし、「なんだか無理…」と思ってしまった相手からはしつこく2回目のデートを誘われました。

私もいろいろ考えたのですが、私の条件ってあまり結婚するのに必要でないものもあるのかなと思うんです。

例えば、相手が長男か次男か。
確かに友人が「私の夫は次男だから義実家との付き合いがなくて楽だわ!」と言っていたから「悔しい!楽したい!私も次男がいい!」と思いましたが、20代のころはそんなこと全く考えていませんでした。

イケメンアメリカ人や、爽やか外科医も長男でしたし、2人ともとてもしっかりしていて頼りがいがありました。
「次男」(または三男)に固執することってなんだかばかげているなと思うんです。

「見返したい」と思ってないかな?

しかも、その「長男か次男か」論争を突き詰めていくと、「私は友人と同じくらいのレベルの旦那さんが欲しいんだ。友人と同じくらい、またはそれ以上に結婚生活で楽をしようと考えているんだ。」と気づいたんです。

何でもかんでも既婚の友人が標準で、彼女たちと同じくらいまたはもっと良い思いがしたい、楽がしたいって考えているのかなって思いました。

37歳まで「待った」のだから、彼女たちよりも「良い夫・良い結婚」を望んでいました。
でも実際は…かなり厳しい戦いになりそうだと現実がよくわかりました。

既婚の友人に対抗心を燃やして現れるかどうか分からない王子様を待つよりも、もっと「堅実な」結婚相手を見つけたい。
このまま「見返したい」と思って45歳、50歳まで独身だったら私は笑えない状況になるんじゃないかな…。

友人も私がどんな男性と結婚しても「ミネルヴァは格下の男を見つけたな」とか考えない気がします。
少なくとも結婚生活が幸せなら他人のことはどうでもいいはずです。

私は、45歳、50歳になったときに後悔しないように精一杯「婚活」したい。
たとえ精神的につらくても婚活を続けなければ結婚相手はいつまでたっても現れません。

ミネルヴァ、結局「妥協」するってよ

「条件を緩和」というと、「妥協」と思う人もいるかもしれません。

でも、まずは「会ってくれる人を増やす」必要があります。
相手の条件をまずは忘れて相手に会ってみて、それでも「合わない」のなら仕方がないけれど、「合う」のなら次のステップに進んでもいいんじゃないかな?と今は思っています。

私にはもう独身の友はいませんが、こういうとき「妥協しちゃうの~?もったいない!」と足を引っ張る友人もいるかもしれません。
でも…、とにかく結婚したもの勝ちです。

「妥協」じゃないです。

だってその「妥協」した相手にすら選ばれないかもしれないんですよ。

下の記事にも書きましたが、私はもう『選ばれる立場』ではないのです。

ダサい理系男子がやってきた!

ぶっちゃけ20代は本当にモテました。

イケメンアメリカ人、あとは爽やかな外科医、マッチョで涙もろい自衛隊員とも付き合いました。
だから、自分の外見に自信はあります。

しかし、37歳での婚活は連戦連敗でかなり精神的にまいっています。

「とにかく条件を減らそう、自分を選んでくれる相手から選ぼう」と思いお申し込みを受けたのが33歳の理系男子でした。
年収表記は「450万」でした。

希望年収よりも低かったですが、5歳も年下でしたし、興味本位で(失礼!)お申し込みをお受けしました。
意外なことに向こうからデートの約束を取り付けてくれて、先日会ったばっかりです。

結果は…思っていたよりもひょろひょろでオドオドしている「ザ・理系男子」みたいな感じでした。

正直姿を見たときはガッカリしました。
でも話は弾んで楽しかったです。

「いつ次のデートを誘ってくるんだろう?」とずっと待っていたのですが、会話の中でもデートの後のLINEでも誘うことばはありませんでした…
結構楽しかったのに残念です…

でもこれで少し私も勉強しました。

「残念だ」と思うくらい理系男子君が「いいな!」と思っていたんですね。
理系君は、全く私の趣味ではないし、オドオドしてるし、最終的には私が振られたみたいになっていますけど(笑)、でも会ってよかったなって思いました。

まだ高学歴女子37歳(もう少しで38歳)の婚活は続きそうです…!しかし、「ちょっとだけ」ですが今までの固定観念が変わったかなと思いました。

同じようにアラフォー婚活している方々、一緒に頑張りましょう!辛いこともありますし、失礼すぎる男性とも知り合ってしまう可能性があって精神的にしんどいですけど、時は待ってくれません。お互い、悔いのないように頑張りましょう!

シェアしてね!
目次
閉じる