MENU

バツイチ男性との恋愛…彼には前妻との間に子供がいる!どうしよう…

こんにちは!

結婚相談所で活動しているミネルヴァです。

婚活は本当に大変。
婚活は年齢や時間との戦いになるので、「少しでも早く婚活を始めていればよかった。」と思うこともあります。

でもよく言われるように「今が一番若い」。
だから、「今」行動を起こさないと、きっと5年後後悔することになると思います。

とにかく前進あるのみ!

目次

真剣交際に進みたいと言う男性が!

結婚相談所で活動を続けて4ヶ月が経ちました。
ありがたいことに、何人かの男性と2回目以降のデートに進むことができました。

結婚相談所では、何度かデートを重ねたのち、「真剣交際」に進むことができます。
ただ、「真剣交際」中には、結婚相談所で活動はできません。
そして「真剣交際」を経て成婚すると言うのが一般的です。

一人の男性から、「真剣交際」に進みたいと言われています。
しかし…まだ決心がつきません。

バツイチ子持ちとの恋愛はアリかな?

私と「真剣交際」したいと言ってくれているのは、5つ年上の43歳の男性です。

なんと年収は1000万円以上!
身長も175cmは超えているし、外見も悪くありません。
しかも優しく、私との約束を最優先してくれます。

ただ…バツイチなんです。
しかも、前の奥さんとのあいだには子どもが2人いると言われました。

最初から分かっていたことなのに…正直…思うところがたくさんあります。

既婚者の友人たちは、大興奮!

せっかく「真剣交際」を申し込んでくれているのに、返事が遅くては失礼です。

既婚者の友人たちに、LINEで相談してみました。
皆は久しぶりのコイバナに大興奮。
「時間をつくるから!」と言われ、翌日に友人たちとカフェをすることになりました。

既婚者3人に質問攻めにされた私。

「どこで出会ったの?」「どんな男性?」「あなたはどう思ってるの?」

気づけば2時間話していました。

彼女たちは、相手がバツイチ子持ちだと知っています。

既婚者から見れば、バツイチ子持ちは「アリ」なのでしょうか?

同じ43歳男性なら、初婚者よりもバツイチ?

彼女たちの意見は、私にとってはとても斬新でした。

皆、口を揃えて「同じ43歳男性なら、初婚よりバツイチがいい!」と言うのです。

40歳を過ぎての初婚者は、「自分の世界」が出来上がっている。
そのため「結婚生活」にはなかなか馴染めない。

しかしバツイチは結婚生活を経験しており、柔軟性がある。
また、一度失敗しているので、結婚生活へのあこがれもないだろう。
さらに一度は「選ばれた」実績もあり、とても安定している。

私は、バツイチだけなら問題はないけれど「子持ち」に引っかかると言いました。

子どもの面会に養育費…さらに彼が亡くなったときの財産分与…。

すると彼女たちは大爆笑。

未来は常に未確定。少し冒険してみたら?

「子どもの面会は義務じゃなくて権利。彼にとっては自分の家族に会いに行くんだから、そんな目の敵にしないであげてよ。」

「『僕は養育費払ってない』って男のほうが嫌じゃない?養育費払ってるの、偉いよ!」

「財産分与って、何十年後の話してんの?」

「ミネルヴァはさ、賢すぎるんだよ。結婚って勢いだよ。あんまり考えすぎると、結婚なんてできないよ。」

「バツついてない、ってだけで選んだとして、すごいケチとかだったらどうするの?」

さらに、どんなに良い異性でも完璧な人はいないのだと諭されました。

「さっき『彼といると居心地良い』って言ってたでしょ。それが一番重要だよ。」

私は、頭でっかちになりすぎていたのかもしれません。

現在の日本の離婚率は35%。

そう考えれば、バツイチ子持ちの人も珍しくはありません。

本当のことを言うと、私は自分の決断にまだドキドキしています。

でも…「未来は常に未確定」だからすべては自分次第。

私は、バツイチ子持ちの彼と「真剣交際」に進むことにしました!

シェアしてね!
目次
閉じる